公益財団法人東京都医学総合研究所シンポジウム
第5回 てんかん研究の最前線 原因遺伝子から最新治療までのご案内

≪シンポジウム概要≫

 日時:平成27年11月12日(木曜日)13:00~16:10 開場 12:00
 場所:一橋講堂 (東京メトロ半蔵門線、都営三田線、都営新宿線 神保町駅
    徒歩4分/東京メトロ東西線竹橋駅徒歩4分)

プログラム:

 (1) 「小児の難治てんかん-臨床と研究」
    東京都医学総合研究所 参事研究員 林 雅晴
 (2) 「網羅的遺伝子異常検出系を駆使した乳幼児てんかん性脳症の遺伝要因の解明」
    横浜市立大学医学部 准教授 才津 浩智
 (3) 「てんかんモデル動物の作製と新しい治療薬の探索」
    東京都医学総合研究所 副参事研究員 山形 要人
 (4) 「高齢発症のてんかん」
    新宿神経クリニック 院長 渡辺 雅子
 (5) 「てんかんに対する脳外科治療の進歩」
    - てんかんネットワークに基づいた切除や迷走神経刺激療法など -
    NTT東日本関東病院脳神経外科 部長 川合 謙介

≪リンクURL≫
 http://www.igakuken.or.jp/public/sympo/sympo05.html