包括脳ネットワーク<最終年度>冬のシンポジウム開催のお知らせ
※ポスター演題10月9日(金)正午まで受付延長中

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・
 今年で6年目を向かえた包括脳ネットワークの支援活動も、
 今年度で終了となります。
 6年間の活動の締めくくりとなるシンポジウムへのご参加を
 心よりお待ちいたしております。
・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・

◆────────────────────────────
 平成27年度『包括型脳科学研究推進支援ネットワーク』
 冬のシンポジウム開催のご案内
 ※ポスター演題受付締切10月9日(金)正午まで延長中です※
 ────────────────────────────◆
 
 
◎開催日時・場所・プログラム
————————————–
 ■開催日程:2015年12月17日(木)-12月19日(土)
 ■開催場所:一橋大学 一橋講堂 学術総合センター2F
 [ 懇親会:学士会館 ]

 以下のURLからさらに詳細をご確認いただけます。
 https://www.hokatsu-nou.nips.ac.jp/?page_id=2607
 全体の日程とプログラムについてはメールの末尾をご覧ください。
 
 
◎シンポジウムの参加登録について
————————————–
 11月2日(月)締切
 https://www.hokatsu-nou.nips.ac.jp/?page_id=2609

◆懇親会へのご参加も受付中です◆
 12月18日 (金)18:00-20:30
 学士会館

 一般 7,000円
 学生 4,500円
 
 
◎ポスター発表の公募について
————————————–
◆演題登録締切◆ 10月5日(月)→10月9日(金)正午まで延長!!
 https://www.hokatsu-nou.nips.ac.jp/?page_id=2610
 ポスター発表につきましては、次の4つのカテゴリにて公募を行っております。
 『分子脳科学領域』
 『回路脳科学領域』
 『システム脳科学領域』
 『病態脳科学領域』

 ・抄録をWEBに登録することによりエントリーできます。
 ・言語は日・英どちらでも結構です。
 ・抄録の登録は包括脳ネットワークの会員に限られます。
  会員登録の受付は随時行っておりますが、
  IDの発行までに数日かかることがございます。
 
 
◎ポスターパネルのサイズについて
————————————–
 ポスターパネルのサイズは縦2100mmx横900mmです。
 
 
◎若手優秀発表賞について
————————————–
 包括脳ネットワークでは、若手研究者によるポスター発表の中から特に優れた発表に対して、
 若手優秀発表賞および奨励費(35,000円)を授与したいと考えています。研究費支援のない
 包括脳ネットワークの枠組みで、多くの若い研究者に集会への参加を促すと共に、受賞者の
 成果を称えて更なる発展を期待することが目的です。

 「若手優秀発表賞」募集・審査の概要はホームページよりご確認ください。
 https://www.hokatsu-nou.nips.ac.jp/?page_id=2610#prize
 
 
◎ポスター演題の登録、「要ログイン」のページの閲覧には包括脳ネットワークのIDが必要です
————————————–
 包括脳ネットワークホームページのログインIDをお持ちでない方は
 「researchmap包括脳ネットワークコミュニティーへの入会」と
 「包括脳ネットワークホームページのIDを取得」
 をしていただく必要がございます。2010年8月に登録方法が簡略されましたが、
 発行までには数日かかる場合がございますので、お早めに申請をお願いいたします。
 IDの申請方法: http://www.hokatsu-nou.nips.ac.jp/?page_id=183

 IDについての問い合わせ先
 生理研 林 愛: aihys@nips.ac.jp
 
 
◎冬のシンポジウムについての問い合わせ先
————————————–
 包括脳ネットワーク研究集会委員長
  大塚稔久(山梨大) tohtsuka@yamanashi.ac.jp
 包括脳ネットワーク事務局
  高田昌彦(京大 霊長研) takada.masahiko.7x@kyoto-u.ac.jp
  渡辺雅彦(北大) watamasa@med.hokudai.ac.jp
 

─ ─ ─ ─ ─【 プ ロ グ ラ ム 】 ─ ─ ─ ─ ─ ─

◆包括脳企画イベント
──・──・──・──・──
 ◎[包括脳企画]
  次期支援活動の枠組みと脳科学研究の今後について
 ◎[包括脳広報委員会企画]
  サイエンスコミュニケーション
  研究者の社会的役割
 ◎[包括脳キャリアパスセミナー]
  これからの日本社会が求める博士人材

◆新学術領域によるシンポジウムや領域会議
──・──・──・──・──
 ◎[銅谷領域]
  「予測と意思決定」公開領域会議
 ◎[長谷川・笠井領域]
  「共感性―自己制御領域合同シンポジウム:
  個体と社会の関係を科学する 」
 ◎[喜田・祖父江領域]
  「マイクロ精神病態」「脳タンパク質老化」
  二領域合同若手研究者育成講演会
 ◎[太田・北澤領域]
  「身体性システム」「こころの時間学」
  身体とこころの融合
 ◎[喜田・小林・齊藤領域]
  「マイクロ精神病態」「適応回路シフト」「記憶ダイナミズム」
  三領域合同若手シンポジウム

◆懇親会
──・──・──・──・──
 12月18日 (金)18:00-20:30
 学士会館

◆ポスター発表
──・──・──・──・──
 公募によるポスター発表
 ならびに
 「予測と意思決定」公開領域会議
 
 
各プログラムの詳細 [PDF0.7MB]
https://www.hokatsu-nou.nips.ac.jp/?action=cabinet_action_main_download&block_id=
2155&room_id=1&cabinet_id=8&file_id=337&upload_id=4979