東京薬科大学脳神経機能学研究室(仮称)教授公募

2015年11月11日

関係機関の長 各位

東京薬科大学  
学長 笹津 備規
(公印省略)

 

教員の公募について(依頼)

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
さて、このたび本学では、生命科学部 分子生命科学科 脳神経機能学研究室(仮称)教員の公募を下記の要領で行うことになりました。つきましては、貴機関関係者にご周知頂くとともに適任者をご推薦賜りますようお願い申し上げます。

敬具

職名及び人員:教授 1名
応募要件 :生命科学部分子生命科学科は、生命科学における分子レベルでの先端的な基礎研究を行い、またその成果を教授することにより、創薬を含む科学・技術の発展と社会に貢献できる人材を育成します。本公募では、神経、脳、および生体高次機能の解明を目指して、熱心に研究・教育を行っている方を求めます。 着任予定の教員は、学部における講義(生理学や神経生物学領域の科目等)及び大学院における講義、実習、研究指導等を 担当して頂きます。私学における教育・研究と運営に熱心に取り組む方を望みます。なお、研究室には現在、教授(2016年3月退職予定),准教授、講師、助教 各1名が在籍しています。
応募書類:

(1) 履歴書(写真貼付)
(2) 業績書(原著論文、総説、著書、学会発表等)
(3) 科学研究費等外部資金の受領実績(過去 5年間)
(4) 主要業績の別刷またはコピー(10 編以内)各1部
(5) 現在までの研究概要と今後の抱負(3000 字以内)
(6) 現在までと今後の教育に関する理念と抱負(2000 字以内)
(7) 推薦書2通
(8) その他選考の参考となる資料 (教育実績、 学会活動、特許等)

注) (1),(2),(3),(7)は本学書式を参照のこと(本学HP からダウンロード可)。
http://www.toyaku.ac.jp/about/employment/teaching
応募書類は返却致しません。封筒には「脳神経機能学研究室(仮称) 教授選考応募書類在中」と朱書し、簡易書留またはレターパック 510 、国外からは EMS等でお送り下さい。なお、選考過程においてセミナーを行っていただく場合があります。 この際旅費等は応募者負担とさせていただきます。
応募期限: 2016年1月12日(火)必着
着任時期: 2016年 4月 1日以降で、できるだけ早い時期
書類提出先:〒 192 -0392 東京都八王子市堀之内 1432 -1 東京薬科大学 人事室宛
問い合わせ先:東京薬科大学 人事室 Tel. 042 -676 -5358 E-mail: jinji @toyaku.ac.jp