脳科学の新しい推進プログラムに関する検討会のお知らせ

先日のメールでお知らせしました通り、脳科学委員会での議論を基として、文部科学省の来年度概算要求にて 脳プロの1つとして「融合脳」(新規)、「BMI技術」(分野の拡充)が計画されています。このたび、脳科学関連学会連合では、このような研究分野の将来の展開の可能性について、ともに学び、広く意見交換を行うために以下のようなシ ンポジ ウムを開催することになりました。会員の皆様にはふるってご参加ください。

なお、日本神経科学学会では、引き続き本プログラムについて脳科学研究者コミュニティからプログラムの体制、あり方、内容等についてご意見をお待ちしています。学会サイト(https://renewal.jnss.org/151118-01/)よりアンケートサイトにログインし、ご意見をお寄せいただければ幸いです。締め切りは11月30日正午です。

——————————————————————————————————————-

脳科学の新しい推進プログラムに関する検討会
日時:2015年11月29日(日) 12時30分-18時
場所:東京大学医学部教育研究棟14階 鉄門記念講堂
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_02_09_j.html
主催:日本脳科学関連学会連合

12:30-12:35 開会の挨拶  水澤英洋 (連合代表、国立精神神経医療センター 病院長)
12:35-12:50 基調講演 岡部繁男 (連合副代表 東京大学大学院医学研究科)
12:50-13:10 認知症の克服に関する研究について①
富田 泰輔 (東大薬)
13:10-13:30 認知症の克服に関する研究について②
井上 治久 (京大iPS研究所) 
13:30-13:50 うつ病・双極性障害等の克服に関する研究について①
岩本和也(東大医・分子精神医)
13:50-14:10 うつ病・双極性障害等の克服に関する研究について②
高橋英彦(京大医・精神科) 
14:10-14:30 休憩
14:30-14:50 発達障害・統合失調症等の克服に関する研究について①
橋本亮太(阪大精神科)
14:50-15:10 発達障害・統合失調症等の克服に関する研究について②
柳下祥(東大医)
15:10-15:30 リソースの整備・普及と調査研究について① 
柿田明美(新潟大学脳研究所)  
15:30-15:50 リソースの整備・普及と調査研究について②
峯岸直子(東北大メディカルメガバンク・バイオバンク部門)
15:50-16:10 BMI技術と生物学の融合により治療効果を促進するための技術開 発について①
高橋淳(京大iPS研究所)
16:10-16:30 BMI技術と生物学の融合により治療効果を促進するための技術開 発について②
高橋宏和(東大先端研)
16:30-16:50 休憩
16:50-17:30 ラウンドテーブルディスカッション(議論参加者は現在検討中)
17:30-17:50 総合討論(会場からの意見聴取)
17:50-18:00 閉会の挨拶

参加を希望される方は11月27日(金)正午までに脳科学関連学会連合事務局 (office@brainscience-union.jp) まで、電子メールにて氏名と所属を添えて お申し込みください。宜しくお願いいたします。

日本脳科学関連学会連合 代表 水澤英洋
日本脳科学関連学会連合将来構想委員会 委員長 伊佐 正

——————————————————————————————————————-

日本神経科学学会
脳科学関連学会連合評議員
平井宏和
柚崎通介